スーパーの生ラーメン『麺が死ぬ』前に食べる荒々しい調理手順

Pocket

美味しいラーメンが食べたければ、行列ができているお店に足を運べばいい。

しかし並んでまで食べると胃が痛くなるので200円もあれば3人前が買える『スーパーの生ラーメン』は『速さ』があれば見た目がアレでも;十分美味しく頂けます。
ラーメンは麺が生きているうちに食べればそれで十分美味しいと思ってます!(思い込み)

それではいつもの買い出しの時に

・生ラーメン2袋(大食いの私は妻と子供3人の5人家族なので)
・炒め物用カット済み野菜
・ゆでにする卵4つ(小さい子供2人は半分こ)※買わなくてもだいたい冷蔵庫にあり

以上を調達して、今日の夕飯はお出掛けして疲れれて『ママさん楽してパパの荒々しいラーメン作り』スタートです!

まずは袋を開けて麺とスープをポジション配置!

『液体スープ』はラードが固まっているのでいつもお湯でほぐしてます

『麺』と『スープ』取り出して配置。

『麺』は袋を切り、すぐに鍋に投入できるようポジショニング

スピードが命なので素材の置き方は重要です。

卵は尖っていない方を軽く平らな場所にぶつけてヒビを入れておくと茹でた後の殻剥きが楽と聞きました。

小さい鍋で8分ゆでたら軽く水を足して冷まして放置。良い半熟ができます。

別の鍋のお湯が沸騰したら『カット野菜』投入!

『カット野菜』は安くて便利ですがモヤシ割合高く、色どり弱いのが残念。

私は柔らかいのが好きなので中火でグツグツちょっと長めでスープに足す出汁にします。

器の準備は割と忘れがち;

下の子2人は小さいので一人前を半分こ

お湯に浸すことでラードが柔らかくなった『液体スープ』をドンブリに入れます。私はさっぱり醤油派(写真は都合により味噌の時のものです;)

同時に麺を茹でる『大鍋』を用意し沸かしておきます(割と大きいものであれば麺が流動して美味しく茹でられます)

お湯は250ccの人数分

野菜の中鍋の火を止めたら出し汁を計量カップで250cc計り人数分繰り返しますが、お湯の量はメーカー説明書どおりキッチリ測るのがポイントですので目分量は避けましょう。

計量カップで出汁をドンブリに投入!

熱湯で危ないですが、次々入れて野菜も分けて、メインの麺茹でに素早く移ります。

スープは食べる頃に子供が火傷しない熱さに冷めてるので早く食べれます。

麺茹では子供の分と大人の分複数回に分けるので、お湯を足す必要があります。

電気ケトルは少量のお湯が必要な時に便利

茹であがった麺を素早くすくい出すためにザルボールを準備

さあ!麺を3回に分けて茹でます。
まずは子供3人分2袋(下2人は半分こ)

袋を開けると乾燥も進むので素早く茹でる

メーカーさんの指示どうりストップウォッチでキッチリ茹で時間を計ります!
では、いざっ!

麺は指でほぐしながら入れ

沸騰すると表面についていた粉が泡立ってくるのでオタマですくって捨てると吹きこぼれを軽減できる気がするのでいつもやってます。

菜箸(サイバシ)でトントン鍋を突きながら掻き混ぜ、麺の対流を促します。

吹きこぼし注意!吹きこぼれそうな時は水をちょろっとさしましょう

これも忘れがち!人数分の箸を忘れずに用意!

2分30秒の茹で時間の場合は10秒ほど早く取り出しもたつきがちなロス時間を考慮。

素早く!素早く!

さぁ!スピード命!素早く盛りつけましょうー!このわずかな時間でも麺は死んでいっています!早く!早く!

ヤケドすると怖いので子供が触らないように釘を刺して注意しておきましょう!

さぁ!子供達!出来たぞ!
早く食うのだ〜!
どんどん不味くなるぞ〜!!

まだ使える!

次は大人の分!

お湯を足して2回目の麺茹でに突入!

とん!とん!とん!とん!とん!とん!とん!とん!とん!

麺の入れたて時は沸騰していたお湯が冷えてしまっているので、菜箸でトントン対流を促します!

キッチリ茹であげたら大人の分出来上がり〜!

見た目ではない!スピードだ!

さぁ!妻よ家内よ奥さんよ早く食べるのだ!写真を撮る間にも麺は死んでいっている!
早く食べるのだー!
そして自分も食べます!

麺が生きてる〜!!美味しい〜!!

そしておかわり!

『キムチの素』登場です!

投入〜!!

タラタラ〜と入れてます

3回目の麺茹では頑張った自分へのご褒美に『キムチラーメン』です!

あぁ〜辛いラーメンも美味しい〜!!

キムチは味噌と醤油どちらにも混ぜて食べてます。

是非、家系が苦しい時は『スーパーの生ラーメン』で元気出していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です