水洗いできるUVレジンが便利!3万円以下の低価格『UVレジン3Dプリンタ/ELEGOO MARS UV 光造形式 3Dプリンター』の使い方

Pocket

いよいよ低価格になってきた『家庭用3Dプリンタ/ELEGOO MARS UV 光造形式 3Dプリンター』を使ってみます(マイナーチェンジ機のELEGOO MARS PRO UVではなく多少安い方です)。

しかも扱いやすい水洗いできる『ウォッシャブルタイプのUVレジン』で造形させます。

今回Amazonで注文した本体とウォッシャブルタイプUVレジンはこちら↓

この二つ以外には一時保存に使う容器と計量カップを百均で購入してきました。

左は光を遮断するための黒い容器(今回はキャンドゥーのタンブラーを使用)

それでは機材開封を紹介していきます。

早速開封
青いのは手袋、ニッパーやハケ、計量カップなど盛り沢山
こちらは別売りで購入した水洗い可能なUVレジン1000g(グレー)
ハケが付属

本体とUVレジン液共に、しっかりとした包装で、本体には付属品が何やらたくさんです。

本体セットの手順

取り付けてあるレジンを注ぐ容器部分の『バット』を取り外します。

両方のネジを緩めてから台座側のLCD部分を傷つけないように、多少上に押しながら引き抜きます。

液晶保護フィルムはとりあえずっぱなしにしてます

コンセントを挿し背面のスイッチをオンして電源を入れたら液晶パネルの『Tool』をタッチ。

『Manual』をタッチ

『上矢印』を3回ぐらいタッチしてプラットフォーム部分を上にあげます。

空いた隙間にA4のコピー用紙などを一枚置く

手で抑えながらゆっくりと作業

付属の六角レンチでプラットホームの傾き具合を固定しているネジを2つ緩める。

緩めると1センチほど下にズレ落ちブランブランになります。

左の2段目の「山」の様な形をしたフラットフォームを下げるボタンを押すと下がりますので、台座と紙にピタッとついたところですぐさま『赤い停止ボタン』で停止させて止めます。

※下まで下げ切っても止まると思いますが怖いので念のため手動で止めました

ぴったしフィットした状態

ピタッと台座にくっついてある状態でブレがないか軽く確認

絞め過ぎない様に

問題なければ再び六角レンチで軽く締めます。

『Set Z=0』をタッチして最底部の高さを記録させます。

フォームを上に何回かあげ、六角レンチで最終の締めをやり過ぎない力加減で行い、『バット』を台座に戻してあげればセット完了です。

引き続き設置を続けます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です