水洗いできるUVレジンが便利!3万円以下の低価格『UVレジン3Dプリンタ/ELEGOO MARS UV 光造形式 3Dプリンター』の使い方

いよいよ低価格になってきた『家庭用3Dプリンタ/ELEGOO MARS UV 光造形式 3Dプリンター』を使ってみます(マイナーチェンジ機のELEGOO MARS PRO UVではなく多少安い方です)。

しかも扱いやすい水洗いできる『ウォッシャブルタイプのUVレジン』で造形させます。

今回Amazonで注文した本体とウォッシャブルタイプUVレジンはこちら↓

この二つ以外には一時保存に使う容器と計量カップを百均で購入してきました。

左は光を遮断するための黒い容器(今回はキャンドゥーのタンブラーを使用)

それでは機材開封を紹介していきます。

早速開封
青いのは手袋、ニッパーやハケ、計量カップなど盛り沢山
こちらは別売りで購入した水洗い可能なUVレジン1000g(グレー)
ハケが付属

本体とUVレジン液共に、しっかりとした包装で、本体には付属品が何やらたくさんです。

本体セットの手順

取り付けてあるレジンを注ぐ容器部分の『バット』を取り外します。

両方のネジを緩めてから台座側のLCD部分を傷つけないように、多少上に押しながら引き抜きます。

液晶保護フィルムはとりあえずっぱなしにしてます

コンセントを挿し背面のスイッチをオンして電源を入れたら液晶パネルの『Tool』をタッチ。

『Manual』をタッチ

『上矢印』を3回ぐらいタッチしてプラットフォーム部分を上にあげます。

空いた隙間にA4のコピー用紙などを一枚置く

手で抑えながらゆっくりと作業

付属の六角レンチでプラットホームの傾き具合を固定しているネジを2つ緩める。

緩めると1センチほど下にズレ落ちブランブランになります。

左の2段目の「山」の様な形をしたフラットフォームを下げるボタンを押すと下がりますので、台座と紙にピタッとついたところですぐさま『赤い停止ボタン』で停止させて止めます。

※下まで下げ切っても止まると思いますが怖いので念のため手動で止めました

ぴったしフィットした状態

ピタッと台座にくっついてある状態でブレがないか軽く確認

絞め過ぎない様に

問題なければ再び六角レンチで軽く締めます。

『Set Z=0』をタッチして最底部の高さを記録させます。

フォームを上に何回かあげ、六角レンチで最終の締めをやり過ぎない力加減で行い、『バット』を台座に戻してあげればセット完了です。

いよいよ水洗い可能なUVレジン液(グレー)を本体に入れていきます

計量カップに注いで本体に注ぎやすくします

タンクの7割ぐらいの高さまで注ぎました(プラットホーム部分が浸かって印刷されるので、その容積分水位が上昇します。溢れない様に控えめに。)

フタを被せてサンプルデータの「チェスのコマ」を出力してみます。

4時間7分かかる様です。

出力開始。

窓を開け換気よよくした状態で無事の終了を願います。

4時間後↓

出力が終わりました。

タンクの残ったUVレジン液を戻してタンクをキレイに水洗いします。

透明フィルター部分は傷つくと穴が空き、レジン液が漏れて大変なことになる様ですので、慎重に洗います。

出力したオブジェクトには液が滴っているので軽くティッシュなどで吸わせてとります。

ネジを緩めてプラットホーム部分を本体から取り外します。

オブジェクトはしっかりプラットホームに張り付いているので剥がしていきます。

余分なUVレジン液はティッシュなどに吸わせて軽く綺麗にしておきます。

付属のヘラで思い切って振り下ろしてオブジェクトを剥がします。

軽くオブジェクトを上から押して隙間を開ける様な気持ちで力を少々かけながら、隙間にヘラをあてガツンとやります(割と固く固定されてます)。

外れたオブジェクトはそのまま水を流しながら余分なUVレジン液を流します。

「勢いあるシャワー」に切り替えできる洗面所の蛇口だと捗ります。

このままだとまだまだ柔らかいので、2次硬化作業に入ります。

「UVライトの機器」で光をUVを当てて硬化させます。

今はAmazonで売り切れてしまっていますが、「純正品のUVライト」は回転台も付いているので偏りなく照射できます。

設置が完了したのでカバーをかぶせます。

照射時間は固まり具合を確認しながら5分を3回程度おこないます。

照射開始!

固まり具合に納得したら(色が乾いた色になりレジンの匂いが少なくなれば)2次硬化終了で完成です。

今度はオリジナルの3Dデータを作って出力をしてみます!

1/100 SPTドール (デビット機) _セミスクラッチビルド

パッケージ

1/100 SPTドール(No.7 デビット機)

テレビアニメ「蒼き流星SPTレイズナーから、当時キット化されなかったSPTドールをセミスクラッチ製作しました。

※15年も前になるんですね… 2005年製作したものです。
※イラストは製品箱絵のイメージ画像です。プラモデルのレイズナーシリーズは、NO.17で終了してます。

DVDセット
ブルーレイ版は高画質なリマスター仕様で発売しています。
ブルーレイ版同梱の冊子内での説明書き
左は同じく作品に登場するドトール。名前が似てます。

製作風系

ベースにはvガンダムのジャベリンを使用
膝から下
バックパックの各種パーツもプラ板からボックス組み
バックパック整形完了
腕もスクラッチビルド
塗装直前

完成したドールの紹介

左は1/100デビット。スケール感UPの為に制作。
サイドビュー:横からみると自立の厳しさが…。
正面:設定画版SPTはガッチリですよね。
後ろ:本当に重いランドセルです。
ナックルショットの構え
パンチ!パンチ!パーーンチ!
コックピットに人影が
キャノピーオープン!ここにもデビットが…

■■■■ お た の し み は こ こ か ら …. ■■■■

バックパックを降ろして…
レーザード・ライフルを構えると…
地上走行形態になります!
男のロマンです! ズドドドッドドドドドドドッ!!!
ピンぼけ写真が多かった為急遽フラッシュをたいた大きめの画像

制作着手から1年2ヶ月…気力さえ続いていたら半年で完成したはず。

古い写真なので機会を見てスマホで取り直しします;